風水と間取り

風水では、鬼門に水場を間取りしない方が
いいと聞いたことがあるのではないでしょうか。



鬼門とは鬼が出入りする方角とも言われており、
古くから誰もが嫌う方角で北東を指します。



また、裏鬼門と呼ばれる方角もあり、
これは南西の方角を指します。



外からの邪悪な運気などからあなたを守るためには、
北東から南西を結ぶ線上にあるものには気を配らなくてはいけません。



風水で間取りを考える場合、鬼門を考慮して
水に関するものは避けなければならないとされています。



例えばトイレやお風呂がその代表になりますが、
これから住もうとする家に風水を当てはめてしまうと、
簡単には住む家が見つからなくなります。



その場合には、「常に清潔にしておく事」が大切になってきます。



トイレやお風呂など、常にきれいに掃除をする事を心がけ、
また鬼門に生花を置いたり、風水色を取り入れることで対策が出来るのです。



まずは、あなたの住んでいる自宅の鬼門が何処にあるのかを把握し、
鬼門に問題がないか、あればどのように対処するかと言うことです。


スポンサード リンク

風水を学べば学ぶほどに根拠を持ち、
理にかなった環境学の一種であると気づく事でしょう。