インド風水ヴァーストゥ

現在は中国の風水とは違った、
インド風水ヴァーストゥが話題のようです。



インド風水ヴァーストゥは、
中国風水の起源とも言われており、

インドだけでなく、米国でも静かなブームとなり、
世界一の大富豪も実践している程の実績があります。



世界では有名なところで、株式上場前のマイクロソフト社、
Amazon.com、ボーイング、世界銀行、NASA、
オラクルなどがコンサルティングを受けているそうです。



またインド風水ヴァーストゥも単なる迷信や占いなどではなく、
根拠を多く含んでおり、古代インドで発達した学問で、

現代でいうところの心理学、脳科学、建築環境工学、
都市工学などが挙げられます。



ヴァーストゥという意味は、住居といったものですが、
広い意味では「生命力」や「環境」だと言われています。



インド風水ヴァーストゥでは、北東、北、東が富や繁栄のために
重要な方位であるとされており、北枕は否定されています。



中国の風水とはまた違った感じにはなりますが、
実績があるだけでもその真意が分かりますね。


スポンサード リンク

風水を学べば学ぶほどに根拠を持ち、
理にかなった環境学の一種であると気づく事でしょう。